体操・村上茉愛が日本女子初の“銀” 女王バイルスを猛追

公開日: 更新日:

 日本女子のエースが偉業を成し遂げた。1日の体操世界選手権(ドーハ)女子個人総合決勝で、昨年4位の村上茉愛(22)が4種目合計55.798点で日本勢初の銀メダルを獲得。

 66年大会の池田敬子、09年大会の鶴見虹子の銅に続き3人目の表彰台である。個人総合を含むリオ五輪金メダル4個のシモーン・バイルス(米国)と同組だった村上。

 最初の跳馬で14.566の高得点をマーク。バイルス(14.533点)にプレッシャーをかけ、平均台(13.666)でも女王を上回った(13.233)。得意の床もまとめ絶対女王に最後まで食らいついた。

■村上の話「悔いのない状態で終わりたいと思った。自分で掴み取った銀メダルだと思うので良かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る