体操男子個人総合7位 白井“ひねり王子”復権に15センチの壁

公開日: 更新日:

 体操世界選手権の男子個人総合で7位に終わった白井健三(22)。

 2020年東京五輪では、これまで絶対王者として君臨した内村航平(29)に代わる日本のエースとして期待されながら表彰台にすら立てなかった。

 白井は「自分がやれることをやり切っての順位」と振り返ったが、不完全燃焼なのは明らか。自身の名が付いた最高H難度の大技「シライ3」(後方伸身2回宙返り3回ひねり)を封印せざるを得なかったからだ。

 今大会、国際体操連盟(FIG)は男女とも中国製の器具を採用。日本や欧州の器具に比べて、全体的に硬いため、各国の選手から不評だった。

 白井が得意とする床も普段、使用している国内製のものと比べ、弾力性がない。武器とする高難度の技を繰り出す際、弾みをつけるために踏ん張っても跳ね返りが少ないため、高く跳べない。難度の高い技を持つ選手ほど、不利になると予想されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る