体操男子個人総合7位 白井“ひねり王子”復権に15センチの壁

公開日:  更新日:

 体操世界選手権の男子個人総合で7位に終わった白井健三(22)。

 2020年東京五輪では、これまで絶対王者として君臨した内村航平(29)に代わる日本のエースとして期待されながら表彰台にすら立てなかった。

 白井は「自分がやれることをやり切っての順位」と振り返ったが、不完全燃焼なのは明らか。自身の名が付いた最高H難度の大技「シライ3」(後方伸身2回宙返り3回ひねり)を封印せざるを得なかったからだ。

 今大会、国際体操連盟(FIG)は男女とも中国製の器具を採用。日本や欧州の器具に比べて、全体的に硬いため、各国の選手から不評だった。

 白井が得意とする床も普段、使用している国内製のものと比べ、弾力性がない。武器とする高難度の技を繰り出す際、弾みをつけるために踏ん張っても跳ね返りが少ないため、高く跳べない。難度の高い技を持つ選手ほど、不利になると予想されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る