松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ボクシング村田が王座陥落 あのジイサマのクダまきを想像

公開日: 更新日:

 村田諒太の負け試合を見て、まず間違いなく、99%の確率で、わめいているジイサマがいたと思う。

「ザマア見くされ、ばち当たったんじゃ。誰のおかげで金メダル取れた思とんのじゃ、かいちょのおかげです、ペコペコ頭下げとったやないかい。コロッと寝返りくさってド厚かましい若造が。

 だいたいやな、わいの許しもなしに、ラスベガスでタイトルマッチやるよ~なタマちゃうちゅうねや。相手が疲れるのを待ってから倒そ思てた? おまんが先に疲れてもたやないかいドアホ、ボケカス! 格下の相手や思てなめくさったんじゃ、アホンダラ!

 勝ったら統一王座戦でゴロフキンだかコロブキンだかと対戦する? アホぬかせ。自分が先に転ぶキン。笑わんかいドアホ! 昔から言うやろ、ちんモ~カイカイじゃ。みてみい、裏切りもんはばちが当たるちゅうこっちゃ。今になって頭下げて来たかて、誰が会うたるかい。遅いんじゃ! 塩まいて追い返したるわいわい!わいを誰や思とんじゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る