ボクシング村田が防衛失敗で…ゴロフキン戦“白紙”の大誤算

公開日: 更新日:

 赤く腫れあがった両目が「完敗」を物語った。

 日本時間21日、米ラスベガスのパークシアターで行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで、王者の村田諒太(32=帝拳)が挑戦者で同級3位のロブ・ブラント(28=米国)に0―3の判定負け。3人のジャッジにいずれも8ポイント以上の大差をつけられ、2度目の防衛に失敗した。

「ブラントは思ったより速かった。右が読まれ、研究された印象。自分のボクシングの幅の狭さを感じた。完全に負けたと思った」

 との言葉通り、ブラントのジャブとスピードに翻弄されて、自慢の強打は空回り。ほとんど見せ場のないまま、相手の手数に押し切られた。

 今後について、「これだけ大きな舞台をつくってもらって、負けて、はい、じゃあ次、という気持ちになれない。そんなすぐに答えが出ることじゃないと思う」と明言を避けた村田。陣営も大誤算と頭を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る