夏の甲子園みて尻に火…日ハム清宮“バカ当たり”のウラ側

公開日:

「ファームで特に調子が良かったとか、技術面で劇的に変わったところがあるわけではないんですけどね……」

 21日の再昇格後、7試合で26打数10安打(.385)、3本塁打、8打点と打ちまくる清宮幸太郎(19)について、日本ハムの二軍関係者がこう言ってクビをひねっている。

 技術面はともかく、変化があったとすれば、精神面ではないか。5月の昇格時はお客さんといった感じで、どこかノンビリ、のほほんとしていたもの。

 それが、試合前の打撃練習の表情からして真剣そのもの。

 さる日本ハムOBによれば「ここで結果を出さなければ後がない、何とかしてチャンスをモノにするんだと鬼気迫るものを感じた。あれだけ真剣な表情の清宮は見たことがない」そうだ。

「自身の危機感の表れでしょう」と、このOB氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る