日ハム清宮が連日猛打賞 DH起用で守備ストレス解放が奏功

公開日:

「自分の形で振れている。しっかりとボールを見ることができていると思う」

 前日に続き、26日も3安打を放った日本ハムの清宮幸太郎(19)がこう言った。

 この日は二塁打2本に右前打、2得点。長打で好機を広げ、後続の安打で生還した。「負けられない試合が続いているので、勝利に貢献できてよかった」とも話した。

「5月の昇格時は打席で余裕がなかった。どんな球だろうと、やみくもに踏み込んで打ちにいっていたけど、打席でタメができて、ボールを呼び込めるようになった」と日本ハムのあるOBがこう言った。

「前回は出場機会を増やすために一塁や左翼を守っていて、それがストレスになった。特に左翼守備は危なっかしくて見ていられないと、ベテランの野手や投手はクソミソだったからね。けれども今回は右肘を痛めたアルシアの代わりのDHだから、守備の負担がないわけで、その分、打つことだけに集中できる」

 守備に就くストレスがなくなったことが好結果につながっているというのだ。

 試合後の栗山監督は「まだまだ。あんなバッターじゃない」と話したが、好調を持続させようと思ったら当分は守らせない方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る