• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会長追放も…山根派vs再興する会“仁義なき戦い”は第2幕へ

 8日に「辞任」を表明した日本ボクシング連盟のドン、山根明氏(78)だが、どの役職を辞任したのかが、いまだ不透明だ。9日、山根氏は報道各社の取材に対し「会長、理事とも辞任した」と語り、毎日新聞には「会長と理事の2つを辞めるのだから、連盟も退会するということ」と説明した。

 問題は「関西ボクシング連盟理事長」の肩書も捨てたのかどうか。8日の日本連盟の会見で、吉森照夫専務理事(73)は「私は関東連盟理事長なので、関西連盟のことにはタッチしていない」などと曖昧にしていただけに、「関西連盟の中での生き残りを図るだろう」という見方が根強い。そうなると結局、アマチュアボクシング界の山根支配は残されたままだが、「日本ボクシングを再興する会」の関係者はこう言う。

「山根氏が関西連盟に居座るようなことがあれば、助成金流用で刑事告発します。音声テープという証拠もありますからね。JOC(日本オリンピック委員会)の要請により、第三者委員会も立ち上がります。山根氏が刑事訴追されれば、連盟からの除名は避けられない。私たちは、山根氏を日本のボクシング界から永久追放するまで徹底的に戦います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る