• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

準決勝で「日本人GKのレベルアップ急務」を改めて実感した

 ロシアW杯準決勝2試合が終わった。

 決勝に進むクロアチアのGKスバシッチ(33=モナコ)、3位決定戦に回るイングランドのGKピックフォード(24=エバートン)、そして11日(日本時間)の準決勝で勝者フランスのGKロリス(31=トットナム)、敗者ベルギーのGKクルトワ(26=チェルシー)のパフォーマンスをじっくり観察させてもらった。

 クロアチアが前半5分にFKで失点した場面では、イングランドDFトリッピアーの蹴ったボールの質が高かったとはいえ、スバシッチが「壁の高さ」に頼り、立ち位置が右により過ぎていた。

 ボールを見送りながら本人もミスを自覚し、大きなショックを受けたに違いないが、その後は動揺を決して表に出すことなく、冷静にプレーし続けたのはさすがだった。

 2017年11月に代表デビューを果たしたピックフォードは、代表歴5試合にも満たない若手ながらW杯本大会のレギュラーを獲得。クロアチア戦でも持ち味のアグレッシブなプレーを随所に見せたが、延長後半のFWマンジュキッチのシュートには、反応スピードがやや遅れたように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る