• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

苦手な芝で8強入り 錦織を後押しした“組み合わせ”と“気候”

 日本人男子では1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの準決勝進出を逃したのが錦織圭(28=世界ランク28位)だ。

 11日に行われたウィンブルドンの準々決勝。錦織は元世界ランク1位のジョコビッチ(31=セルビア)に敗れ、これで対ジョコビッチ戦は13連敗となった。

 序盤はほぼ互角の打ち合いをしたものの、試合の明暗を分けたのはセットオールで迎えた第3セット、2―2からの第5ゲームだった。

 40―0から3回のブレークチャンスを生かせずにこのゲームを落として集中力が途切れたか。その後、ギアを上げたジョコビッチに押し切られた。

 錦織はこの日の試合をこう振り返った。

「攻めきることができなかった。ジョコビッチは崩すのが難しい選手。彼のショットで左右に振られ、常に走らされた。プレー内容は悪くなかったけど、やっぱり何かが足りないのだと思う。ただ、芝でいいテニスができたことは自信になる。悔しいけど、次につながる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る