• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

極端シフトにバントで対抗…大谷はブーイング対象になるか

 何しろ二塁と三塁の間にいた野手は遊撃手ひとり。大谷翔平(24=エンゼルス)が、「転がせば100%セーフ」と思ったのは無理もない。

 去る7日(日本時間8日)のドジャース戦で、3回試みたセーフティーバント(結果は一度も成功せず)に関する話だ。

 メジャーはいま、データ野球全盛。打者の特徴に応じて極端なシフトを敷くケースは珍しくないとはいえ、その裏をかくようなバントは力と力の勝負を好むメジャーで容認されるのか。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

「例えばノーヒットノーランなどの記録がかかっている場面でやれば非難されますけど、それ以外であればまったく問題ありません。実際、アストロズの左打ちの強打者のマッキャンは足が遅いにもかかわらず、三塁方向にバントをすることがある。ドジャースのアトリーなども、シフトの裏をかくバントはします。バントは極端なシフトに対する打者の正当な対抗手段として認められているのです。ブーイングを浴びるようなことはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

もっと見る