• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ打率首位の竜平田ピンチ 愛用“アオダモ”バット消滅危機

 10日現在、.337でセの打率トップにいるのが中日の平田良介(30)。この日のDeNA戦は3打数1安打、目下6試合連続ヒット中だ。しかし、「安打製造機」がピンチに直面している。打者にとって命ともいうべきバットの変更を余儀なくされているからだ。平田が言う。

「普段はアオダモを使っているんですけど、なくなるので、メープルかアッシュか……。シーズン中に切り替えるため、バットを早く自分に慣れさせることが一番大変かなと。今まで(シーズン中に)変えたことがなかったし、変えたくない。本当は嫌なんですけど、仕方がない」

 トレードマークのオレンジ色、こだわりは細めのグリップというアオダモのバットが残り7本になってしまったのだ。しなりがあって軟らかく、多くの日本人選手が愛用してきたアオダモは現在、消滅の危機に瀕している。メジャーでは米国の気候やボールの性質上、硬くて反発力の強いメープルやアッシュを好む選手が多い中、イチローはかたくなにアオダモを使用していたが、入手困難となって材質を変えざるを得なかった。大谷翔平は渡米後もアオダモを使用。平田が「こちらに回ってこなくなる」と冗談交じりでボヤいたように、現状は奪い合いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

もっと見る