• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人メルセデス初登板初勝利 “激安年俸”でもチームに貢献

 巨人に3連勝をもたらしたのは、去る8日に育成から支配下登録されたばかりの左腕・メルセデス(24)だった。10日のヤクルト戦に先発して5回を投げ、5安打無失点。188センチ、82キロの体躯から投げ下ろす角度ある速球とカーブ、スライダーを武器に、ヤクルト打線に的を絞らせなかった。

「非常にハッピーだ。とにかく四球を出さないことを意識しながらも、コースを突くことを忘れずに投げた。点を取ってくれた打線に感謝したい」

 試合後のメルセデスはこう言って、笑みを浮かべた。米大リーグ、レイズ傘下のマイナーでプレーしていたが、昨年1月に巨人と育成契約を結び今年が2年目になる。

 ドミニカ共和国出身で、年俸は550万円。支配下登録される以前は270万円、昨年は230万円だった。

 母国には女房と子供もいるそうだから、いわばジャパニーズドリームを夢見て来日したクチだ。

 巨人は年俸3億円のゲレーロ、2億3000万円のカミネロが不調で二軍落ち。山ほどカネもらってる助っ人がサッパリ働かず、自前で育てた安月給の苦労人がチームに勝利をもたらしたのだから、図らずも編成の稚拙さが露呈したというか、皮肉なもの――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る