• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二冠狙う西武・山川 年俸大幅増の原資は“先輩4番”の減額分

 まだシーズンは半分残っているが、2冠の可能性があるのは首位に立つ西武の山川穂高(26)だ。この日の2ランは今季23号。70打点もリーグトップである。このまま逃げ切って2つのタイトルを同時に手にすれば、3240万円の年俸が1億円の大台に乗るのは間違いない。

 とはいえ、西武の年俸査定はシビアだ。山川がソロバンをはじいたとおりの額を提示してくれるかわからない。

 フロントが注視しているのが、かつての4番で、この日、本塁打を放った中村剛也(34)ではないか。昨年、115試合、打率.217、27本塁打、79打点のベテランは今季、1億3000万円減の2億8000万円の1年契約。4月21日のロッテ戦の守備で三遊間のゴロに飛び込み左肩を痛めたため、一時戦列を離れた。もっかの数字は、34試合、打率.167、5本塁打、13打点。調子が上がらなければ1億円以上のダウンは必至。フロントはそれを丸々山川のアップ分に回せる。

 この先、中村は意地を見せるか、それともオフは新旧4番の明暗クッキリか……。ちなみにこの日は2人の本塁打も勝利には結びつかず、ロッテに敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る