• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打三振でも上等 日ハム清宮“2試合限定”一軍再昇格の狙い

「直接、本人に伝えたいことがあった。もう一回、一軍の試合を見るべきだと思った。(一軍の)枠をつくれるし。ここは最初から考えていた場所」

 昨9日、42日ぶりで一軍に昇格した清宮幸太郎(19)。栗山監督は前半戦終了まで残り2試合のタイミングで一軍へ呼んだことについて、こう続けた。

「普通に(一軍に)呼ぶ、というなら頭から使う。でも、そうじゃないということは違う理由がある。もう少し(二軍で)やらなきゃいけないことがある。能力があるのはわかっているけど、(能力を)表に出す答えがあるというなら、そんなに簡単なことはない。結果を出させるために必死で考えている。それで結果が出てよかったということになればいい。簡単に説明できるものではない。そこは勘弁して」

 要するに原則2試合限定の昇格ということだ。

 清宮は二軍降格後、11本塁打と一発を量産している。しかし、一軍はメンバーがほぼ固定されている上、優勝争いを繰り広げている。守備や走塁も含め、二軍でやるべきことのある清宮を使いながら育てる隙間も余裕もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る