• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

微妙な立ち会いで連勝 白鵬“第3の武器”が角界に及ぼす弊害

 これがヒジ打ち、張り差しに続く「第3の武器」なのか。

 初日から2連勝の横綱白鵬(33)。しかし、その相撲内容はというと、決して褒められたものではない。

 昨9日の2日目は立ち合いから速攻を仕掛けて正代を圧倒するも、手つき不十分で不成立となり取り直し。ここで反省し、きちんと手をつくのかと思いきや、再び微妙な手つきで正代を寄り切った。

 これにはラジオ解説の舞の海氏も「2回目も立ち合い不成立を取られてもおかしくなかった」と、話している。

 当の白鵬は「昔よりお腹が出たから土俵から手が遠くなったのかな」と冗談めかしたが、何をか言わんや、だ。ある親方が言う。

「立ち合いは、きちんと両手を土俵につけるのが基本。中には手を浮かせておいて、行司が『はっけよい、残った!』と叫ぶタイミングで、手を土俵にかすらせながら前に出る力士もいる。本来の相撲からはかけ離れているが、しっかり手をつくより早く立ち上がれるメリットがある。昔の大相撲は立ち合いの手つきがいい加減だった。千代の富士さんの全盛期などはそれが顕著。特に小兵力士はパワー不足を補うため、まともに手をつかない力士が多かった。当時に比べれば現在はマシになっていますが……」

 横綱といえば、土俵の第一人者。それが反則まがいの相撲を取っているのだから、「横綱だって手をついてないんだし……」と、マネをしたり、注意されても改善しない力士だって出てくるだろう。

 白鵬は相撲教習所からやり直した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

もっと見る