• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

 ロシアW杯で中国が存在感を見せている。といっても、広告の話だ。スタジアムの看板や公式インタビューの背後に映し出される漢字表記のスポンサーのロゴが話題になっている。中国は今大会に未出場ながら、いずれも中国企業のもので、日本企業は一つもない。

 W杯のスポンサー契約は3種類ある。最上位スポンサーである「FIFAパートナー」は、飲料大手のコカ・コーラなどの世界的企業に加え、中国不動産大手の「大連万達集団」が新たに加わった。スポンサー料は1社年間約200億円とされる。

 1大会ごとに契約する「FIFA W杯スポンサー」には、東芝のテレビ事業を買収した家電大手「海信」、乳製品メーカー大手「蒙牛」、通信業「維沃移動通信」が参入。料金は100億円前後だ。

「アジア地域スポンサー」には、アパレル企業「帝牌」、バイクメーカー「雅迪集団」、娯楽企業「LUCI」の3社が名を連ね、それぞれ約22億円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る