• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アン・ソンジュ優勝 悪条件の北海道は技術差が露骨に出る

【ニッポンハムレディス】

 大会2日目に背中が痛くなりながら67の好スコアで8アンダーの首位タイに浮上したアン・ソンジュ(30)が、痛み止めを飲んだ最終日も67で回り通算13アンダーで優勝した。

 開催コースは北海道特有の洋芝で、フェアウエーでもボールがやや沈む。

 多くの選手がアイアンショットでターフをいつも以上に飛ばしていたのはクラブを鋭角に入れていたからだが、距離感の合わないプロもいた。

 粘りのある深いラフはもっと厄介で、雨で濡れるとクラブの抜けはさらに悪くなる。

 最終日18番(510ヤード・パー5)を2打でグリーンに乗せたパワーのある川岸史果(23)でさえ、2日目は「ラフからは(ピンまで)150ヤードでも、ロングアイアンをもたずに5U(ユーティリティー)などで出す」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る