• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。法政大学社会学部兼任講師。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

チアリーダーも女性GMも存在せず 大リーグの「性の壁」

「男女差別」や「男女格差」という言葉を耳にするとき、多くの人は女性の参入が妨げられている場面や、同一の仕事をしているのに男女間の給与の差が大きいといった事例を想像することだろう。

 その一方で、女性だけに門戸が開かれ、男性が参画できない分野も存在する。

 スポーツの場合、2001年に公開された映画「ウォーターボーイズ」の描いたシンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)は男性が皆無に近い競技の代表例だろう。そして、試合の前後や休憩時間中に洗練された演技を披露するチアリーダーも女性の独壇場だ。

「CSI」や「コールドケース」といった人気のテレビドラマでチアリーダーへの嫉妬やチアリーダーを巡る人間関係のもつれによる事件を描く回があるように、米国におけるチアリーダーは人々の注目の的であり、しばしば理想的な女性像と見なされる。しかも、NFLやNBAのように各チームがチアリーダーを擁している場合、構成員は試合を盛り上げるだけでなく、チームの顔という役割を担っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る