• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラモスが疑問 W杯検証前に西野監督退任「残念でならない」

 ビーチサッカーの日本代表対イングランド代表戦が8日、兵庫県明石市で行われた。日本は第3ピリオド終盤にエース茂怜羅オズが、走り込んで強烈ボレーシュート。4―3で逆転勝ちした。

「内容的に改善すべき点もありますが、まずは結果が出て良かった。来年3月のW杯アジア予選に優勝し、アジア王者としてW杯に出場したい。世界中を驚かせたいと思います」と話すラモス監督にロシアW杯の西野ジャパンについて聞いた。

「監督を引き受けて短期間でW杯を迎え、プレッシャーのかかる状況で世界を相手に立派に戦ってくれた。西野監督は日の丸の誇りを持ち、魂のこもった試合を見せてくれた。でも、結果を出したのに監督を続けないのはどうして? 西野監督が自分で決めたことなら尊重するけど、個人的には残念でならないよ」

 ロシアW杯の検証が十分に行われていない段階で西野監督の退任が決まり、次期監督の名前が取り沙汰される異常事態。

 ラモス監督の“疑問”も当たり前である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る