• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米紙が特集記事で警鐘…代表監督候補クリンスマンの悪評

 日本代表の次期監督就任が有力視されるユルゲン・クリンスマン氏(53=ドイツ)の手腕を疑問視する声が世界からも聞こえてきた。

 米全国紙「USA TODAY」は6日(日本時間7日)、2016年11月に米国代表監督を解任されたクリンスマン氏について、「今大会で16強入りを果たした日本のようなチームを率いる指揮官ではない」とする特集記事を掲載。クリンスマン氏は母国代表を率いて06年ドイツW杯で3位、14年ブラジルW杯では米国代表を16強に導いた実績を評価しながらも、ロシアW杯の北中米カリブ海予選でメキシコ、コスタリカ相手に連敗、地区予選2試合を終えただけで解任された。記事では米国が本大会出場を逃したのも「諸悪の根源は全てクリンスマンにある」と痛烈に批判している。

 同紙によれば、米国代表の歴代最多得点記録(57)を持つFWドノバン(36=レオン)をメンバーから外して若手を抜擢するなど、大胆な選手選考を行ったが、単なる自分の好き嫌いでチームを編成したにすぎなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る