• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯4強の優勝ボーナス 最高は日本下したベルギー5200万円

 準決勝進出を果たした4チームの優勝ボーナスが明らかになった。

 各国メディアの報道を総合すると、選手1人当たりが手にするボーナス額が最も高額なのは、決勝トーナメント1回戦で日本に逆転勝ちしたベルギーだ。準々決勝で王国ブラジルをも一蹴して実に32年ぶりの4強に駒を進めた「赤い悪魔」の異名を持つベルギーのボーナス額は約5200万円。これはフランス(約3400万円)、イングランド(約2800万円)の優勝経験のある2チームと比べてもダントツで、クロアチア(約2000万円)を大きく引き離している。

 今大会の「赤い悪魔」はFWルカク(25=マンチェスターU)、MFデブルイネ(27=マンチェスターC)、GKクルトワ(26=チェルシー)ら攻守ともに世界的な選手を抱えるタレント集団。戦術家として知られるロベルト・マルティネス監督(44=スペイン)が率いることから、ベルギー協会では勝算ありと踏んだのだろう。同国では過去最高額となるニンジンをぶら下げて、選手を鼓舞したようだ。

 今大会のW杯の優勝賞金は史上最高の41億8000万円。単純計算で、選手1人当たり約1億8000万円を手にする。

 ベルギーの選手の大半は欧州のビッグクラブに所属し、高給取りも少なくないとはいえ、ぶら下げられたニンジンに目の色を変えているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る