• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クロアチア初Vなら モドリッチがCロナ&メッシ時代に終止符

「正直、それは考えていない」

 1998年フランス大会以来の4強入りを決めたクロアチア。主将のMFモドリッチ(32=Rマドリード)が今大会3度目の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれたロシア戦後、こう言った。

 世界年間最優秀選手賞「バロンドール」についてである。

 クロアチア勝ち上がりの原動力は、172センチのこの男である。1次リーグのアルゼンチン戦で、今大会のベストゴールのひとつに数えられる豪快なミドルシュート。優勝候補相手に3―0と快勝し、チームを勢いに乗せた。

 所属しているRマドリードでは、前人未到の欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献した。欧州CLで優勝すると選考で有利とされ、さらにクロアチアを悲願の初優勝へと導けば、大きな名誉を手にする可能性がある。それがバロンドールなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る