• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

注目のベルギーvsフランス戦は2人の「監督力」対決に注目

 ベスト4が出そろったロシアW杯。開幕前から現地に入って取材を続けていると、開幕戦が遠い昔の出来事のように感じられるが、W杯はこれからがメインディッシュだ。

 4強は、フランス、ベルギー、イングランド、クロアチア。南米勢の全滅でヨーロッパ選手権の様相を呈しているが、10日にサンクトペテルブルクで行われるフランスとベルギーの一戦は、事実上の決勝戦と言われるほどの注目カードになった。

 ここまで順調な戦いぶりで勝ち上がってきた優勝候補フランスは、中盤から前線に若くて優秀なタレントを揃え、選手層では4強随一。今大会でブレークした19歳のFWエムバペは、早くもメッシ、ロナウド、ネイマールの「3大スターの後継者」と言われている。

 タレント軍団を束ねるデシャン監督の采配にも隙がない。現役時代の98年にW杯優勝を経験しているデシャン監督は、豊富な攻撃の駒を有しながら、あくまでも攻守のバランスを重視した手堅いサッカーで勝ち上がってきた。堅い守備から繰り出されるカウンターの威力も、ラウンド16のアルゼンチン戦で証明した通り。ここまで“石橋を叩いて渡る”堅実采配でチームを4強に導いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る