• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大城先発で「専属女房」剥奪…巨人小林が菅野と“離婚”危機

 6日の広島戦、先発した菅野智之(28)の女房役を務めたのはルーキーの大城卓三(25=NTT西日本)だった。今季、菅野が登板した全14試合でスタメンマスクを任されてきた小林誠司(29)は、15試合目で初のベンチスタートとなった。

 当日の練習中にスタメンマスクを告げられた大城はガチガチに緊張。それを見た菅野は試合前、ベンチ裏で「打たれたらオレの責任。オレが責任を取るから、思い切ってリードしてほしい」と言った。結果は8回無失点。先月28日、広島相手に5回4失点と打ち込まれた試合との差は歴然だった。

 それにしても、なぜこの日は最愛の女房である小林とバッテリーを組まなかったのか。

 昨季、菅野と小林は最優秀バッテリー賞を受賞。2人は同級生だが、プロ入りは菅野が1年早い。入団以降、菅野は「確認事項は覚えておいてほしい」と小林への厳しい言葉を隠そうとしなかった。それでも菅野は小林の成長を、小林は菅野への感謝を口にしていたが、今季は少し様子が違ったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る