• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右肩を残しシャフトの回転でフェースを返すと引っかけミスが減る

 ドライバーは右曲がりのミスが多いのに、ショートアイアンを手にすると、ドライバーとは逆に、左曲がりのミスを連発してしまう……。

 9番アイアンやウエッジを手にした時、左に引っかかる悩みを抱えるアマチュアは少なくないが、これには理由がある。

 ドライバーに比べると、ショートアイアンはクラブが短い。このため、ドライバーと同じくアウトサイドインの軌道でスライスが出る打ち方をしても振り遅れない。

 加えて、クラブが短いのでフェースを返しやすくなる。結果、ショートアイアンではボールは狙いよりも左に飛び出して、左に曲がるミスが出やすくなるのである。

 では、どうすればショートアイアンで左へのミスを減らせるのか?

 ポイントとなるのはダウンスイングの軌道と、フェースの返し方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る