• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

「もうやるしかない。戦力になるように、どんなことでもくじけず、諦めない気持ちでやっていきたい」

 5日、テストを経てDeNA入団が決まった前ダイヤモンドバックス2Aの中後悠平(28)が入団会見。同席した高田GMは「リリーフで苦しんでいる。いいところで使える投手になってほしい」と期待を寄せた。

 変則左腕の中後は15年限りでロッテ退団後、日本の独立リーグを経て、16年から米球界へ挑戦した。同年、3Aで13試合連続無失点をマークしたこともあったが、今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29で解雇され、メジャー昇格の夢はかなわなかった。

 DeNAとの契約は今季終了までの年俸500万円。格安ではあるものの、マイナー時代に比べれば倍以上の給料だ。

 2A級の選手は平均月給1500~2000ドル(約16万~22万円)。シーズン中のみ支払われ、日本の支配下選手の最低年俸440万円の半分程度だ。加えて中後は夕食代として1週間で60ドル程度のミールマネーをもらっていたが、物価が高いアメリカで1日10ドル以下では、赤身のステーキにさえありつけない。今年2月、中後はDバックスキャンプに合流した際、こんな話をしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る