• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後輩にも教えを請う ヤクルト坂口の覚悟とキャプテンシー

【好調要因】

 宮本ヘッドコーチが就任した秋から「鬼のキャンプ」が始動。春のキャンプも若手を中心にバットを振る量が激増し、16年目のべテランも若手と一緒になって振り込んだ。宮出打撃コーチは「振り込みで体のバランスやキレ、強さが増した。感覚的なものだけど、細かい足の動きやバットが出るタイミングのズレも減った」と解説する。

【18年ぶりの一塁】

 青木の復帰に伴い、外野手の“玉突き人事”が発生。春季キャンプから一塁に挑戦することになった。

「一塁は中学以来」(坂口)のため、急きょ、契約メーカー(ハタケヤマ社)からファーストミットを2つ取り寄せた。キャンプ中は市販のミットで練習し、開幕後はオーダーしたものを慣らして使った。

 一塁守備に関してはプライドを捨てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る