• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰2戦目で早くも手応え 大谷が明かしていた“打撃の極意”

「ボールの見え方や、打てそうな感じのする待ち方が大事。そういう意味で進歩しているんじゃないかと思う」

 エンゼルスの大谷翔平(24)が4日(日本時間5日)、復帰2戦目のマリナーズ戦で2安打2得点、勝利に貢献して満足そうにこう言った。

 1本目の右前打が時速約166キロなら、2本目の右翼線二塁打は時速約163キロ。ともにバットの芯でとらえたいい当たりだったが、本人が「進歩」と自画自賛したのは結果よりも投球に対するアプローチだった。3三振を食らった前日の復帰戦と比べて、ボールの見え方や待ち方が良くなったというのだ。

 大谷は以前、日刊ゲンダイのインタビューに答えて、こう言ったことがある。

「ボールの見え方も含めて、打てそうな気がして凡退してしまうのと、打てなさそうな気がしてもヒットになるのとでは全然違う。打席に入ったときに勝っているか、勝っていないかの話です。ピッチャーと向かい合ったときに打てそうな気がするかどうか。僕としては(打てそうな気がして)打ち損じているくらいの方がいいのかなと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る