• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野監督“退任”の真相 JFA田嶋会長のライバル心と女性問題

 ロシアW杯から帰国した日本代表の西野監督は5日、日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長と主将MF長谷部とともに千葉県成田市内のホテルで帰国会見を行った。

 そこで西野監督の去就について聞かれた田嶋会長は「(W杯の)結果がどうあれ、W杯で(監督を)終わると西野さんと約束していた。慰留はしなかった」と発言。すると一瞬、表情をゆがめた西野監督だったが、いつものポーカーフェースにすぐに戻って「任務を受けた時から、W杯までという気持ちだけでやってきた。任期をまっとうした気持ち」と話した。

「西野さん、本当は続投したかった」とサッカー関係者がこう続ける。

「1次リーグを突破したことで西野監督は続投を決意。少なくとも9~11月のキリンチャレンジ6試合と来年1月にUAEで行われるアジア大会までは指揮を執りたいと田嶋会長に伝えた。ところが、田嶋会長はクビを縦に振らなかった。西野監督人気が沸騰。このまま日本代表を任せておくと<政敵>になりかねないと危惧した。そんな見方が広がっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る