• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最年少で国民栄誉賞の羽生結弦と辞退したイチローの違い

 平昌五輪のフィギュアスケートで連覇を達成した羽生結弦(23)が国民栄誉賞授与式に紋付き袴姿で登場。安倍首相から表彰状や盾を受け取った。

 アスリートで同賞の受賞を辞退したのがメジャーリーガーのイチローだ。2001年に日本人選手では史上初となるMVPを獲得。時の小泉内閣から授与を打診されたが、現役選手で発展途上を理由に固辞した。04年にもシーズン最多安打記録を更新して授与が検討されたものの、同じ理由で断っている。

 羽生は今回、国民栄誉賞につきものの記念品はもらわなかった。その点については、「記念品は自分の中でみなさまの代表としての気持ちがある。みなさまと取れた賞であり、個人の気持ちを出したくないという思いから辞退させていただいた」と言った。

 ちなみに冬季五輪選手としては史上初の受賞だが、羽生はまだ23歳。五輪連覇は偉業でも「まだ発展途上ですから……」と受賞を拒んでほしいファンもいた?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る