• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大問題で衝撃の中間報告…内田前監督らの逮捕はあるのか

 日大アメフト部の悪質タックル問題が急展開だ。日大が原因究明に向けて設置した第三者委員会(勝丸充啓委員長)が29日、都内で会見。中間報告で内田正人前監督と井上奨前コーチが、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したと認定。両氏の弁解は「信用できない」と斬って捨て、日大が組織的に口封じ工作を働いていたことも認めた。警視庁による捜査への影響は必至だ。

 元検事で刑事事件に詳しい落合洋司弁護士が言う。

「第三者委は公正中立な立場で調査報告する立場とはいえ、日大の依頼を受けた雇われの身。にもかかわらず、ここまで厳しい評価を下したのは、内田氏サイドをかばう余地がないほどクロだったということでしょう」

 中間報告は詳細かつ衝撃的な内容だ。5月6日の試合前日には、相当数の部員が宮川選手が悪質タックルをする情報を把握。関学大部員が負傷した直後、井上氏が内田氏に近寄って「宮川がやりましたね」と声をかけると、内田氏は「おお」と応じたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る