• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝誓う新大関・栃ノ心 モンゴル勢より怖い“本当の敵”

「(名前の)字が大きくなってうれしいね。(凱旋帰国は)楽しかったよ。今度は優勝したい」

 満面の笑みでこう話すのが、新大関の栃ノ心(30)だ。

 25日に発表された7月場所(名古屋)の新番付。栃ノ心は5月場所後に昇進を果たし、晴れて西の大関として土俵に上がることになる。

 そんな新大関にとって、最大の敵になるのがモンゴル勢……というわけではない。確かに彼らも強敵だが、何よりも懸念されるのが自身の腕力だ。

 無双の怪力を誇る栃ノ心は、つりを得意としている。しかし、平幕だった2013年に180キロの巨漢、徳勝龍をつった際、右ヒザの前十字靱帯を断裂。長期離脱を余儀なくされ、一時は幕下まで転落した。

 当時よりは相撲もうまくなっているものの、こと大関となれば、そのプレッシャーは平幕とはケタ違い。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、「大関は常に優勝に絡まなきゃいけない」と話している。勝ち急ぐあまり、無理な体勢からつって、再び足を痛めようものなら悲劇の再現。年齢も30歳だけに、大ケガは致命傷になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る