• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョージア戦SHは流大 武器は的確パスとリーダーシップ

 ラグビー日本代表のテストマッチ「リポビタンDチャレンジカップ」のジョージア戦が23日、愛知・豊田スタジアムで行われる。

 SHは流大(25=サントリー)が、今季初めてスタメンに名を連ねた。

 166センチ、71キロと小柄ながら、素早いパスワークと正確なキックが持ち味。昨年4月の韓国戦で代表デビューして以来、攻撃の起点として再三、チャンスをつくり出している。

 SHとしての技術もさることながら、卓越したリーダーシップにも定評がある。荒尾高(熊本)、帝京大では、いずれも主将を務め、トップリーグのサントリーでも入社2年目にキャプテンに指名された。今季初めて参戦したスーパーラグビーのサンウルブズでもデビュー戦でキャプテンマークをつけた。日頃からベテランや外国人選手とも積極的にコミュニケーションを図っており、的確な指示はフィフティーンからも高い評価を得ている。

 今回対戦するジョージアはFW陣が強いことで知られる。流の冷静な状況判断もFW戦を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る