• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの理事長もとで…日大アメフト部監督に応募者はいるのか

 アメフトの悪質なタックル問題で辞任した内田正人前監督らに代わる監督とコーチを公募することになったのが日大だ。19日、公式ホームページで明らかにした。

 高校、大学、社会人などの指導経験があることが条件。年齢は問わないが、「日大アメフト部出身者は除く」のが応募資格。日大出身者以外による新体制を望んでいた現役部員と父母会の希望が通った格好だ。

 これまでの体制がいかにヒドかったかだが、指導者が代わっただけで勝つためなら何でもアリというアメフト部の根本的な体質は変わるのか。それ以前にナンバー2の不祥事を見て見ぬふりの理事長のもと、矢面に立って指揮を執ろうという奇特な人が果たしているのか。根っこが代わらない限り、無意味という気もするのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る