• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

たった2日で三行半 「冬眠亀さん人事」なき栄前監督のクビ

 トップ交代の時、「自ら責任を取りたいと申し出た」なんて言う国だ。裏じゃ「まあ、ひとつ、ここは、角が立たないようにサ、キミの方から、こう、申し出るっていう形を、とってくれれば、万事うまく事が運ぶわけでサ、ま、後々キミの経歴に傷がつかないように、ね、ま、いろいろ面倒も見るからサ」なんて斜め後ろから肩叩かれて、「ホントですね? ほんじゃま、そういうことで」ト。改ざん事務次官もセクハラ事務次官もコレだな。

 実際はクビなんだが、体裁は本人の申し出としといて穏便に事を済ます。日大アメフット前監督も同じ。ちいとばかし肩をすぼめて冬を越せばゴソゴソ動き出す。これを日本では「冬眠亀さん人事」と言う(って実ぁ今考えた)。

 楽天の梨田監督は潔く「不振で辞めるのは当たり前」と公言したが、それを球団側が、「というお申し出がありましたので、決意も固く、お受けすることとしました」なんて、要はクビなんだが、めんどくせえ国だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る