• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄監督は会見で謝罪も…伊調を激怒させた協会幹部のひと言

 あのスキンヘッドが久々に公の場に姿を見せた。

 教え子で五輪4連覇の伊調馨(34)らへのパワハラ行為が認定された前日本協会強化本部長の栄和人氏(57)が14日、東京・駒沢体育館で会見。「伊調選手、(元日本代表男子コーチの)田南部(力)コーチに深くおわびしたい」と深々と頭を下げた。

 パワハラの原因については「その場、その場でのコミュニケーション不足が招いたと思う。行き違いが生まれた」と説明。これまで伊調の所属先であるアルソックの大橋正教監督を通じて本人との面会を申し入れたが、いまだ実現していないそうで、「これから協会を通して、会って直接謝罪したいと思う」と話した。

 日本協会の第三者委員会がパワハラを認定したのは4月6日。栄氏が2カ月以上も接触できずにいるのは、依然として伊調側にわだかまりがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る