西武・今井がプロ初勝利 母が語る“学生時代の野球本漁り”

公開日:  更新日:

 西武でプロ初登板初先発初勝利は、99年の松坂大輔(現中日)以来19年ぶり。最速152キロの速球を武器に、好調なヤクルト打線を6回1失点に抑えた16年夏の甲子園の優勝投手・今井達也(作新学院)に関して、

「気迫を感じたし、ランナー背負っても顔色ひとつ変えずにすごいピッチングをしてくれた。さすがドラ1。でも、(ベンチ)裏に行くと、(八回に)浅村選手が(ダメ押しの中前適時打を)打ったとき一人でテレビを見て『わーっ』と言ったり、一喜一憂しているところはまだまだ子供だなあと思いました」

 と話すのは、この日女房役を務めた岡田(28)だ。

 180センチ、70キロ。ファームで一緒だった3年目の右腕・南川(26)は、「(寮の)食堂で一緒にご飯を食べているとき、結構少食だなと思った。お調子者でやんちゃだけど、野球に関してはすごく真面目。線は細いけど、トレーニングも一生懸命やっていた。筋肉はしっかりついているし、バネもあるので見習いたい」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る