株主から不満噴出…阪神の“病巣”を野崎元球団社長が直言

公開日:  更新日:

 13日に行われた阪神タイガースの親会社である阪急阪神ホールディングスの株主総会では、株主から阪神に関する多くの不満が噴出した。一部株主から「阪神の質問はやめてくれ」とクレームが出るなど、異様なムードが漂った。

 若手が伸び悩み、貧打に悩むチームを嘆く声が出たのはもちろん、「広島のコーチが移ったヤクルトは交流戦でトップ。フロントはコーチがいかに大事であるかわかっているのか」と指摘した株主は拍手に包まれた。

 年俸3・4億円で獲得した新助っ人ロサリオは不振で二軍落ち。「使い物にならない助っ人ばかり取ってくる。自虐本出したら売れるで」とも言われる始末。2年前の総会でも意見したという株主は、「投手は頑張っている。打てないから成績がよくない。高いお金を出して外国人連れてきても打てない。これが何年も続いている。2年間、何をやってきたんだ」と言及した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る