• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パワハラ問題で謝罪 レスリング栄和人氏が計る生き残り策

 吉田沙保里ら金メダリストを輩出したかつての名伯楽が現場復帰を果たす。14日、パワハラ認定後初めて会見を開き、「これまでレスリングを応援してくださった皆さまにご迷惑をおかけしたことを心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 世界選手権(10月=ブダペスト)などの代表選考会を兼ねたレスリングの全日本選抜選手権(東京・駒沢体育館)が開幕。教え子で五輪4連覇の伊調馨(34)らへのパワハラ行為が認定され、指導を自粛していた栄和人氏(57)は、至学館大学の監督として現場復帰を果たした。

 栄監督は一連の騒動の責任を取って、日本協会強化本部長を辞任。理事会によって常務理事の解任も決議され、23日の評議員会で正式に承認されれば、協会の全ての役職から離れる。

 一時は心神耗弱のため、自宅で療養。4月上旬に、日本協会の第三者委員会からパワハラが認定された際には「私の不徳のいたすところと深く反省し、責任を痛感しております」との談話を発表したが、周辺では「深く反省しているとは思えない」との声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る