• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷も慕う日ハム若きエース 上沢直之の挫折から再生まで

【二軍の最下層】

「目に輝きがなく、迷路に入り込んでいるという感じでした」

 日本ハム7年目の右腕・上沢直之(24)についてこう話すのは、伊藤剛二軍総合兼投手コーチだ。ここまで5勝2敗、防御率2.10の好成績を残す187センチの長身右腕に何があったのか。

 高卒3年目の14年に8勝をマーク。同年のU21の日本代表にも選ばれるなど急成長を遂げたが、15年は不調に陥り、終盤には右肘痛を発症。フォームも崩れた。

 16年の開幕直前、右肘にメスを入れた。肘関節滑膜ヒダ除去手術で、全治6週間だった。術後のリハビリを経て、二軍戦に復帰したものの、なかなか状態が上がらない。速球は130キロ程度。思うようにストライクも入らず、二軍でも一番下のレベルまで落ちたという。選手生命の危機といっても過言ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る