新議長に元NHK会長の海老沢氏 相撲協会「評議員」とは何か

公開日:

 12日、相撲協会が評議員会を開催し、新議長に元NHK会長の海老沢勝二氏(84)が選出された。池坊前議長(76)は今後、ヒラの評議員になる。

 貴乃花騒動では、注目を集めた相撲協会の評議員会。名称こそ有名になれど、その実態はあまり知られていない。

 権限そのものは一般法人と同じく、その組織における最高議決機関。つまり、理事長選出を含む理事会での人事や決算などは、評議員会で承認を得る必要がある。

 協会の定款によれば、任期は4年。定員は5人以上7人以下となっており、過半数が外部有識者と決められている。この「外部」とは、相撲経験者や、その親族を除いたもの。

 かつて相撲協会は親方全員が評議員という、メチャクチャな時代もあった。新公益法人制度移行に伴い、現在の形になったが、「外部が過半数」とはそうした過去のデタラメの反動だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る