株主総会は無風でも G由伸監督「契約延長」へ消えない雑音

公開日:  更新日:

 巨人は12日、株主総会を開いた。昨年はこの時期に球団ワーストの13連敗を喫したこともあり、責任を負わされる形で当時のGMが事実上の解任に追い込まれたが、今年は無風だったようだ。

 注目は3年契約の最終年を迎えている高橋由伸監督(43)の去就である。12日現在、28勝30敗1分けで5位。とはいえ、2位までは0.5ゲーム差の大混戦だ。巨人を率いる以上、「4年ぶりのリーグ優勝」は至上命令。それとは別に「若手の育成」という宿題も球団に課せられている。

 後者は岡本和真(21)が打率.335、10本塁打、39打点をマーク。第89代4番に抜擢できるまでに覚醒させたことが指揮官の評価となっている。

 近年なかなか定着できなかった二塁には主に2年目の吉川尚を起用。大城、田中俊ら新人がのびのび活躍できる場も与えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る