• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神の悪しき体質また露呈 新助っ人緊急補強で株主に忖度

 やけに動きが早い。

 阪神が新助っ人野手のエフレン・ナバーロ(32=カブス3A)を緊急補強するという。

 去る3日、年俸3.4億円で獲得したロサリオが不振で二軍落ちした。リーグワーストの184得点と貧打に悩んでおり、13年、17年WBCではメキシコ代表にも選ばれた内野手に触手を伸ばした。左投げ左打ちでシュアな打撃がウリ。一塁だけでなく外野も守れるそうだが、ロサリオが二軍落ちしてからわずか10日足らずの速攻アタックだ。

 ナバーロは今季、3Aで打率.310、4本塁打も、メジャー通算157試合でわずか3本塁打。同71本塁打のロサリオよりも格下で、さらにポジションが重なる。ロサリオには見切りをつけたのかと思ったら、「球団はあくまでロサリオを再生したいようです」と、さる球界関係者がこう続ける。

「阪神は韓国球界に在籍していた2年前からロサリオを補強リストに挙げ、昨オフ年俸3.4億円の大枚をはたいて獲得した。打てないまま終われば、フロントの責任問題に発展しかねない。ロサリオに一軍で結果を残してもらいたいという方針は変わりません。ナバーロはあくまでロサリオの保険。迅速に動いたのは、13日に行われる親会社・阪急阪神HDの株主総会対策ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る