• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

ポーランド編<上>レバンドフスキを止めるのは至難のワザ

 1974年と82年大会で3位という素晴らしい成績を収めて78年はベスト8に、86年にはベスト16に食い込んだ。この「12年」がポーランドサッカーの栄華だった。その前後は欧州予選敗退が続き、02年と06年に本大会出場を決めたとはいえ、いずれもグループリーグで姿を消すことになった。今回、3大会ぶり出場の原動力となったのが、欧州予選9試合で16得点を決めたエースFWレバンドフスキである。この欧州を代表する強力ストライカーを日本はどう封じるのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の日本代表担当、河治良幸氏による「ポーランド徹底分析」第1弾。

 ◇  ◇  ◇

 ――ポーランドとは過去2戦して2勝。相性の良い相手と言えるかもしれませんが、現代表には驚異的なストライカーがいます。

「ポーランドというチームを表現するならば<すべてのプレーがシンプルにして力強い>と言えるでしょう。アタッカー陣のタテへの推進力は、分かっていても容易に止められません。最後の仕上げを担当するのが、バイエルン・ミュンヘンでプレーするCFレバンドフスキです。彼の傑出した得点能力を最大限生かすために、サイド攻撃をどんどん仕掛けてきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る