西野監督は賢者か愚者か…“二軍”で本番前ラスト試合の吉凶

公開日:

「中堅と若手の混成チーム。ロシアW杯予選敗退でモチベーションも感じられず、しかもコンディション不良で後半途中にはガス欠。完成度の低いチーム相手に日本は余裕でボールを回し、シュートにまで持ち込めた」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 欧州組が不参加だった東アジアE―1選手権(17年12月)以外では17年10月6日のニュージーランド戦以来、実に8カ月ぶりの勝利となったこの日の試合でハッキリしたことがある。

「今の日本代表のレギュラー組に不必要な選手がいるということです。それはMF本田とMF長谷部です。この2人は、日本ならではのスピーディーなボール回しに付いていけず、運動量も決定的に不足している。個人的にはW杯初戦のコロンビア戦には、この日のパラグアイの先発メンバーから左SBの酒井高をDF長友佑都に入れ替え、右SBのDF遠藤航を酒井宏に入れ替え、そしてGK中村航輔を先発させるのが、現時点ではベストメンバーです」(六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る