西野監督は賢者か愚者か…“二軍”で本番前ラスト試合の吉凶

公開日:

「W杯開幕の2日前のテストマッチでやるべきことは、W杯1次リーグ初戦のコロンビア戦を見据え、主力組のコンビネーションの良し悪しの最終確認を行い、うまくいかなかったところは修正を施す。さらには主力組のコンディションを見極める作業も重要となってくる。しかし西野監督は予告通りに先発メンバーをガラッと代えてきた。パラグアイを同じ南米コロンビアの仮想敵国と位置付けながら、なぜベンチ組を先発させるのか? 大いに疑問の残る選手起用でした」

■本田と長谷部が不要なのはハッキリ

 4月上旬にハリルホジッチ前監督が電撃解任され、西野ジャパン体制になって2カ月あまり。ガーナ戦、スイス戦をいずれも0―2で落とし、もしパラグアイ戦も無得点に終われば、直前3試合ノーゴールでW杯本大会に臨むところだった。

 そんな最悪の事態は回避したものの、対戦相手のパラグアイのレベルを考えると、とても楽観視はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る