• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ドン”理事長を土俵際に 日大現場職員クーデターの行方

 日大教職員組合がきのう(11日)、都内で会見を開き、日大の“ドン”田中英寿理事長ら幹部の辞任を求める賛同署名を、学部・付属高校の専任教員の44・6%に当たる752人から集めたと発表。その後、大学側に提出した。なりふり構わぬ“ドン”体制に、いよいよ現場職員らの「クーデター」が始まった。

 会見した吉原令子副委員長は「報復人事の恐れがあるので、大学の非常勤講師、助教などに関しては(署名を)公開不可とした」と緊張した面持ちで語り、文理学部の初見基支部長は「アメフト部で起きた問題は、日大のどこで起きてもおかしくない問題」と指摘。さらに「田中理事長による一元統治だ」と大学のガバナンスを猛批判した。組合は今後も署名を集める方針だ。

 まるで北朝鮮さながらの恐怖政治だが、現場職員らの異例の体制批判は、いかに学内に鬱憤がたまっているかを物語っている。典型的なのが、日大の事務用品の販売、学生寮の管理などを一手に担っている「株式会社日本大学事業部」の運営に対する不満だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る