大谷に朗報 マイナーの二刀流が完全復活した新手術の中身

公開日:

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルス・大谷翔平(23)に朗報である。

 ここ数年、大リーグでは損傷や断裂した肘の靱帯を修復する方法として、従来のトミー・ジョン(TJ)に代わる新たな手術法が脚光を浴びているからだ。

 大谷は7日(日本時間8日)に自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」を受けた。今後はボールとバットを握らず、3週間以内に再検査を行い、最終的な治療方針を決める。最悪の場合、肘にメスを入れ、復帰までに1年以上を要することになる。本人、チームにとっても痛手だが、新手術を受ければ復帰までの期間を6~7カ月に短縮できるという。

 この手術はアラバマ州バーミングハムのスポーツドクターであるジェフリー・デュガス医師らが開発。2016年8月に初めて受けた投手にちなんで「セス・メイネス手術」といわれる。手術法は傷んだ内側側副靱帯を縫合し、人工テープ(ウルトラ・コラーゲン・コーテッド・テープ)と、人工ビス(ピーク・コルクスクリューアンカー)で補強。損傷した靱帯を除去して、新たに他の箇所から移植するTJ手術とは異なり、靱帯を修復するものだ。16年3月に行われた米国整形外科アカデミーで初めて治療実績が報告され、この手術を受けたアマチュア選手は復帰後、2シーズン続けて高いパフォーマンスを発揮したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る