• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷に朗報 マイナーの二刀流が完全復活した新手術の中身

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルス・大谷翔平(23)に朗報である。

 ここ数年、大リーグでは損傷や断裂した肘の靱帯を修復する方法として、従来のトミー・ジョン(TJ)に代わる新たな手術法が脚光を浴びているからだ。

 大谷は7日(日本時間8日)に自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」を受けた。今後はボールとバットを握らず、3週間以内に再検査を行い、最終的な治療方針を決める。最悪の場合、肘にメスを入れ、復帰までに1年以上を要することになる。本人、チームにとっても痛手だが、新手術を受ければ復帰までの期間を6~7カ月に短縮できるという。

 この手術はアラバマ州バーミングハムのスポーツドクターであるジェフリー・デュガス医師らが開発。2016年8月に初めて受けた投手にちなんで「セス・メイネス手術」といわれる。手術法は傷んだ内側側副靱帯を縫合し、人工テープ(ウルトラ・コラーゲン・コーテッド・テープ)と、人工ビス(ピーク・コルクスクリューアンカー)で補強。損傷した靱帯を除去して、新たに他の箇所から移植するTJ手術とは異なり、靱帯を修復するものだ。16年3月に行われた米国整形外科アカデミーで初めて治療実績が報告され、この手術を受けたアマチュア選手は復帰後、2シーズン続けて高いパフォーマンスを発揮したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る