• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「赤土の王者」健在 ナダルが全仏OP貫禄の2年連続11度目V

 テニスの全仏オープン(パリ)は10日、男子シングルス決勝を行い世界ランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(32=スペイン)が同8位で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)をセットカウント3―0で下し、2年連続11度目の優勝。同一の4大大会で11度の優勝はオープン化以降、男女を通じて初の偉業である。ナダルは4大大会通算17度目のタイトルで、優勝賞金220万ユーロ(約2億8000万円)を手にした。

 クレーコートで抜群の強さを発揮することから「赤土の王者」の異名で知られるナダル。今季、クレーコートで唯一、土をつけられている若手のティエム相手に、序盤から安定したストロークを見せて圧倒。第3セットは第3ゲームでブレークに成功して、最後までつけ入る隙を与えずに、今季4勝目、通算79勝目を挙げた。

▽ナダルの話「強い相手にこんな勝ち方をするとは想像してなかった。間違いなく今大会のベストマッチだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る