「赤土の王者」健在 ナダルが全仏OP貫禄の2年連続11度目V

公開日:

 テニスの全仏オープン(パリ)は10日、男子シングルス決勝を行い世界ランキング1位で第1シードのラファエル・ナダル(32=スペイン)が同8位で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)をセットカウント3―0で下し、2年連続11度目の優勝。同一の4大大会で11度の優勝はオープン化以降、男女を通じて初の偉業である。ナダルは4大大会通算17度目のタイトルで、優勝賞金220万ユーロ(約2億8000万円)を手にした。

 クレーコートで抜群の強さを発揮することから「赤土の王者」の異名で知られるナダル。今季、クレーコートで唯一、土をつけられている若手のティエム相手に、序盤から安定したストロークを見せて圧倒。第3セットは第3ゲームでブレークに成功して、最後までつけ入る隙を与えずに、今季4勝目、通算79勝目を挙げた。

▽ナダルの話「強い相手にこんな勝ち方をするとは想像してなかった。間違いなく今大会のベストマッチだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る