• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB柳田が手負いの2本塁打…今から酷使して大丈夫か

「久しぶりに勝ってホッとしています」

 ソフトバンク柳田が10日の中日戦で2打席連続本塁打を放ち、勝利に貢献。連敗を4で止めた。

 柳田は8日に右太もも裏を痛め、全力疾走ができない状態だという。このカードはセの主催試合で指名打者は使えず、2試合続けて中堅より負担が軽い左翼を守り、この日は八回の守備から交代した。工藤監督は「少しでも休ませたい」としつつ、「この結果はありがたい」と最敬礼だったが、手放しでは喜べないだろう。

 昨季日本一チームも、今季は開幕から勝率5割付近をウロウロ。戦力は他球団を圧倒しているように見えて、その実、主力連中が軒並み不振に陥っている。

 野手では内川が右膝痛などでリタイアし、打率.226、3本塁打、13打点。今宮(.215、3本塁打、12打点)、松田(.221、13本塁打、34打点)、デスパイネ(.226、12本塁打、32打点)らも精彩を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る