ソフトB柳田が手負いの2本塁打…今から酷使して大丈夫か

公開日:

「久しぶりに勝ってホッとしています」

 ソフトバンク柳田が10日の中日戦で2打席連続本塁打を放ち、勝利に貢献。連敗を4で止めた。

 柳田は8日に右太もも裏を痛め、全力疾走ができない状態だという。このカードはセの主催試合で指名打者は使えず、2試合続けて中堅より負担が軽い左翼を守り、この日は八回の守備から交代した。工藤監督は「少しでも休ませたい」としつつ、「この結果はありがたい」と最敬礼だったが、手放しでは喜べないだろう。

 昨季日本一チームも、今季は開幕から勝率5割付近をウロウロ。戦力は他球団を圧倒しているように見えて、その実、主力連中が軒並み不振に陥っている。

 野手では内川が右膝痛などでリタイアし、打率.226、3本塁打、13打点。今宮(.215、3本塁打、12打点)、松田(.221、13本塁打、34打点)、デスパイネ(.226、12本塁打、32打点)らも精彩を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る