• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB柳田が手負いの2本塁打…今から酷使して大丈夫か

「久しぶりに勝ってホッとしています」

 ソフトバンク柳田が10日の中日戦で2打席連続本塁打を放ち、勝利に貢献。連敗を4で止めた。

 柳田は8日に右太もも裏を痛め、全力疾走ができない状態だという。このカードはセの主催試合で指名打者は使えず、2試合続けて中堅より負担が軽い左翼を守り、この日は八回の守備から交代した。工藤監督は「少しでも休ませたい」としつつ、「この結果はありがたい」と最敬礼だったが、手放しでは喜べないだろう。

 昨季日本一チームも、今季は開幕から勝率5割付近をウロウロ。戦力は他球団を圧倒しているように見えて、その実、主力連中が軒並み不振に陥っている。

 野手では内川が右膝痛などでリタイアし、打率.226、3本塁打、13打点。今宮(.215、3本塁打、12打点)、松田(.221、13本塁打、34打点)、デスパイネ(.226、12本塁打、32打点)らも精彩を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る